本文へスキップ

京都で交通事故問題を専門に扱う法律事務所です。

事務所へのお問い合わせはTEL.075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

お役立ち情報人身事故(死亡事故)における損害賠償について

弁護士が説明する人身事故(死亡事故)の損害賠償

いろどり法律事務所の無料相談をご利用ください
死亡事故は交通事故の中で最も悲惨な事故類型です。京都でも毎年何人もの命が失われています。
お金では本当の意味での解決にはならない死亡事故ですが、我が国の法律上の制度では、損害賠償という形でしか遺族の方を救済することはできません。また、死亡事故における損害賠償は遺族の方の生活保障の意味合いも含まれます。
その意味で、損害賠償を適切に受け取れることがとても重要な意味を持ちます。
しかしながら…

保険会社提示の賠償額・慰謝料額について

そのため、死亡事故についても【適切な賠償基準】を知っておく必要性が高いといえます。
そこで以下、交通事故に巻き込まれて怪我を負った場合に何をどのくらい請求できるのかをご説明いたします。

こちらのページは、ご遺族の方に何を請求できるのかを詳しく知っていただくためのページです。

それぞれの損害項目のボタンをクリックしていただければ詳しい説明のページへと移動いたします。  
直接、無料相談でお問合せいただいてもかまいません。

フリーダイヤル0120-783-902

 葬儀関係費用
 葬儀関係費用や仏壇仏具などの費用を請求することができます。
 死亡慰謝料
 死亡したことを理由に、ご本人様分、一定の範囲のご遺族様分として慰謝料を請求することができます。
 逸失利益
 交通事故によって死亡しなければ得られたはずの経済的利益のことを逸失利益といい、被害者のご遺族はこれを請求することができます。
  その他
事故の状況に応じて、さまざまな項目の請求が可能です。


以上に加え、亡くなられるまでの事情に関する損害として次の項目の賠償を請求することができます。

治療関係費用 
 治療関係費用は、入院代、手術代、診察代、薬代、通院交通費等です。
 障害慰謝料
  傷害慰謝料は、死亡までの間に被った肉体的精神的損害に対して支払われます。
 休業損害
 死亡までの間の休業損害も請求することができます。【1日単位収入】×【仕事ができなかった日数】=【休業損害】となります。
 その他
状況に応じてさまざまな賠償を受けることができます。


被害者の方は、これらの合計を請求できます。
当事務所の無料法律相談では、京都で多数の交通事故を扱ってきた弁護士が、より確実に損害額を回収するためのアドバイスをしたり、保険会社の提示した金額のチェックなどを行っています。
フリーダイヤル0120-783-902

過失割合の疑問に弁護士がお答えします

死亡事故の場合でも被害者側に一定の過失が認められる事故の場合には、過失相殺が行われます。

その場合、請求できる総損害額に対して、被害者の方の過失割合を除いた部分のみ賠償を受けることができます。

そのため、過失割合は大変重要な争点となります。
この過失割合の問題を解決するために、裁判所は、数多くの交通事故事例を分類し、一定の基準を定めており、「別冊判例タイムズ38号」という書籍で詳しくまとめられています。
当事務所の無料法律相談では、事故状況について詳しくお話しをお伺いしながら、過失割合の説明を行っています。ぜひ、無料法律相談をご利用ください。

 フリーダイヤル0120-783-902



無料法律相談
事務所の案内
いくら請求できる?
手続きの流れ
慰謝料増額の流れ

いろどり法律事務所

損害賠償額の計算

後遺障害の等級認定

事務所へのアクセス

医療機関情報


いろどり法律事務所
いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階
TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331