本文へスキップ

京都で交通事故問題を専門に扱う法律事務所です。

事務所へのお問い合わせはTEL.075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

京都の弁護士が教える脊髄損傷facilities

脊髄の損傷に伴う様々な後遺症に関する説明

 

このページでは、脊髄損傷に関する後遺症についての情報を掲載しています。 その他の後遺障害についての情報を知りたい場合には、下のボタンをクリックしてください。
その他の後遺症についてはこちら


人の体には、小脳から腰に掛けて太い神経の軸が通っています。
これを脊髄と言います。交通事故で体に大きな衝撃が加わることによってこの脊髄に損傷が生じることがあります。脊髄は脳と同様に、体の各部分の神経をつかさどっています。そのため、脊髄に損傷が生じると、その場所に応じて体の各部分に障害が発症します。             

脊髄に損傷が生じた場合、その程度が軽ければ軽度の痛みやしびれといった後遺障害にとどまりますが、程度が重くなるにつれ、痛みやしびれが増強し、場合によっては不完全麻痺(ある程度運動機能が残っている症状から、運動機能は失われており感覚知覚機能だけが残っているといった重症の場合もあります)、さらには完全な麻痺(まったく動かすことができず、感覚さえも大部分が失われている状況)といった幅の広い後遺症が残存することがあります。  

軽度な症状であれば、生活の中の工夫で折り合いをつけることも可能だといわれています。しかしながら、脊髄損傷に伴う後遺障害は原則として回復することはありません。そのため、重い後遺障害については、適切な等級認定を受け、適切な賠償(慰謝料と労働能力の喪失に対する賠償)を受けることがとても重要です。  

ところが、上でも説明したとおり、脊髄損傷による後遺症は幅があります。そのため、不十分な資料に基づいた認定をされてしまうと、本来の等級よりも数段階下の認定が下されてしまいます。  
しっかりとした認定を取得するためには、通院開始時から治療終了までの徹底した準備も重要になります。そこで、交通事故によって脊髄損傷が疑われる場合には、一日も早く、当事務所の無料法律相談をご利用ください。入院中の方のために出張法律相談も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ぜひ一度、お早めに当事務所の電話無料法律相談や出張法律相談をご利用ください。

 お電話で  病院等で



フリーダイヤル0120-783-902


脊髄損傷に関連する後遺障害の等級認定基準については当法律事務所の無料法律相談までお問い合せください。


 


無料法律相談
事務所の案内
いくら請求できる?
手続きの流れ
慰謝料増額の流れ

いろどり法律事務所

損害賠償額の計算

後遺障害の等級認定

事務所へのアクセス

医療機関情報


いろどり法律事務所
いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階
TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331