本文へスキップ

京都で交通事故問題を専門に扱う法律事務所です。

事務所へのお問い合わせはTEL.075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

京都の弁護士が教えるむち打ち・腰痛などの等級認定facilities

様々な神経症状に関連する後遺症に関する説明

 

このページでは、むち打ち・腰痛等の神経障害からくる様々な後遺症についての情報を掲載しています。
その他の後遺障害についての情報を知りたい場合には、下のボタンをクリックしてください。

その他の後遺症についてはこちら


交通事故で体に強い衝撃が加わることで、首や腰に大きな負担がかかることがあります。首に大きな負担がかかり、痛みやしびれを伴う症状を一般にむち打ち症と呼びます。ただ、このむち打ち症というのは通称であって、正式な病名としては、頚椎間板ヘルニア・頚椎捻挫・頸部打撲・頸部挫傷・頸髄損傷・外傷性頸部症候群・外傷性頚椎神経根症・バレリュ―症候群などと診断されることになります。また、腰や背中についても同様に痛みや痺れが残ることがあります。この場合も腰部捻挫・外傷性腰部神経根症・腰椎間板損傷・腰椎間板ヘルニアなどという傷病名で診断されます。 これらの首から腰に掛けて発症する痛み(疼痛)やしびれ、ハリなどは、場合によっては数日で完治することもありますが、その衝撃の程度や実際の症状によっては将来にわたって持続的に症状が継続することがあります。 そして、これらの症状は、脊髄損傷に伴うものから抹消神経の損傷に伴うものまでさまざまな病態があります。 このような症状のうち、検査画像で明確に異常が確認できるものであれば、比較的適切な等級が取得しやすいのですが、検査画像には映らないが痛みは持続するという症状も多々存在します。 そのような事情があるため、後遺障害の認定機関もかなり慎重な厳しい態度で認定に臨みます。そのため、十分な医学的資料が揃わない状況で認定の手続きをすると、本来認定されるべき後遺障害等級が認定されないという場合が生じます。  それだけに、治療の初期から弁護士に相談し、後遺症が残ったときに備えて準備を進めることがとても大切です。

 お電話で  事務所で



フリーダイヤル0120-783-902


むち打ち・腰痛などの神経症状に関連する後遺障害の等級認定基準については当法律事務所の無料法律相談までお問い合せください。


 


無料法律相談
事務所の案内
いくら請求できる?
手続きの流れ
慰謝料増額の流れ

いろどり法律事務所

損害賠償額の計算

後遺障害の等級認定

事務所へのアクセス

医療機関情報


いろどり法律事務所
いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル七観音町637
インターワンプレイス烏丸6階
TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331